23年度以降に5.6億円 経営体北竜南2地区の残事業

2023年01月24日 16時33分

用水路5630mや区画整理

 空知総合局産業振興部は、北竜町で区画整理などを進めている経営体北竜南2地区の2023年度以降残事業費に5億6510万円を見込む。残事業量は農業用用水路5630m、区画整理15haとなっている。

 区画整理と用排水路の整備を実施するもので、総事業費は35億6700万円。16年度に着工し、23年度の事業完了を予定している。

 同地区は、北竜町西部から雨竜町に広がる水田地帯。水稲、大豆、そば、メロンを生産していて受益面積は377.4ha、受益戸数は17戸ある。

 山間地域のため35a以下の狭小なほ場が多く、効率的な営農作業の妨げとなっている。地域要件に合わせて0.7ha程度への大区画化や暗渠、客土の整備により作物の安定生産を目指す。

 区画整理の内容は、整地、暗渠、客土となっている。暗渠は合成樹脂管で、疎水材としてビリ砂利を用いる。

 残事業費の内訳は、用水路5630mに4億4999万5000円、区画整理15haに9515万8000円、測量試験費に1410万1000円、用地補償費に584万6000円となっている。

 22年度は、用水路3710mに2億3480万円、区画整理42.5haに2億7300円を充てた。


関連キーワード: 空知 農業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,816)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,117)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,451)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,365)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,130)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。