環状交差点化を視野 228号江差町姥神地区交通安全対策

2023年01月30日 17時00分

函館開建が23年度に詳細設計

 函館開建は228号江差町姥神地区交差点の安全対策に向けた検討を進めている。カーブがきつく視距も悪いため。ラウンドアバウト(環状交差点)化を候補の一つに挙げている。2023年度は詳細設計を発注する。整備が実現すると、管内では上ノ国町の228号大留交差点に続き2カ所目となる。

 姥神の交差点は、開陽丸記念館がある鴎島や、江差町中心部に至る町道など多方面に分岐している。この部分の228号の幅員は車道6.5m、路肩両側各2.25m、歩道両側各3.5mの全幅18mとなっている。

 カーブの曲線半径は60mときつく、周辺には建物が立ち並んでいるため視距が悪い。地元住民はスピードを落としながら走行していて重大事故は起きていないが、物損事故や追突事故はたびたび発生し、対策の要望を受けている。

 対策の手法や整備時期は確定していないが、ラウンドアバウトを候補の一つとしてこのほど、交通安全対策設計を簡易公募型プロポーザルで公告。24年3月15日までの期間で、ラウンドアバウトの詳細設計、道路標識設計、情報ボックス管路の移設設計などを進める。

 ラウンドアバウトは信号機のない環状交差点で、進入時と通行時に速度を落とさざるを得ないため、重大事故の防止に寄与する。災害時も安全に通行でき、環境負荷低減にも役立つ。同開建道路計画課では「江差町が鴎島で展開する北の江の島構想への影響も考慮しながら検討する」としている。

 道内ではこれまでに、直轄事業で函館開建が19年度に上ノ国町の228号大留交差点、稚内開建が20年度に浜頓別町の275号浜頓別交差点をそれぞれラウンドアバウト化した。札幌建管もエスコンフィールドHOKKAIDOの開業に合わせ、北広島市内の道道きたひろしま総合運動公園線でラウンドアバウトを整備中だ。


関連キーワード: 国交省 桧山 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (2,967)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,347)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,313)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,221)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (814)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。