渡島・檜山管内土木3官庁22年度12月末業者別工事受注実績

2023年02月03日 17時01分

10%減、357億円 松本組が首位維持

 渡島・檜山管内土木3官庁の2022年度第3四半期末(4―12月)業者別工事受注実績が本紙集計でまとまった。145者が357億6214万円を受注。松本組が12件、31億9248万円で首位を維持した。

 函館開建、函館建管、渡島総合局と檜山振興局の両農村振興課発注分を対象に開札結果を税抜きで集計。21年度末発注のゼロ国債、翌債などは全額、多年度債は22年度支払い分を計上した。共同体受注は出資比率に応じて配分した。

 前年度同期に比べ、受注者数は19者、金額は41億6584万円、10.4%減少した。10億円以上の受注者は2者減り5者だった。

 上位10者では第3四半期(10―12月)に和工建設、帝都建設、林組が追加受注したが、顔触れは変わらない。

 5位の和工建設は小倉山丹羽停線災害復旧(建管)を加えて7件、11億2987万円とした。上半期8位の帝都建設は国道227号北斗市ほか中央改良(開建)を獲得して計8件、8億8510万円となり、7位に順位を上げた。9位の林組は漁港事業検査その2(建管)を受注し6件、7億835万円とした。

 地域別に見ると、管内業者は114者が4.7%減の315億311万円を積み上げた。管外の道内業者は22者が48%減の19億8576万円、道外業者は9者が25.7%減の22億7327万円を落札した。

 シェアは管内が5.3ポイント上昇の88.1%、管外道内が4ポイント下降の5.6%、道外が1.3ポイント下降の6.4%だった。


関連キーワード: 桧山 渡島

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 古垣建設
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,685)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,509)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,473)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,270)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,103)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。