東消防署の移転改築、23年度に基本設計 札幌市

2023年02月08日 18時49分

 札幌市は2023年度、老朽化が進む東消防署の移転新築に向けて設計に着手する。基本、実施設計の一括発注を見込み、入札方式は一般競争かプロポーザル方式を検討。年度早々の公告を目指す。24年度に設計を完了し、25年度の着工、26年度の完成と供用開始を計画する。

 新施設はRC造、4階、延べ2300m²の規模を想定。訓練施設や資機材保管庫を新たに併設し、防災拠点機能を強化して都市水害や土砂災害に備える。

 移転先は東区北33条東18丁目2の1ほかにある約2000m²の民有地。札幌新道に面し、今は更地となっている。23年度に土地の取得や測量、地質調査を進める。予算案に関連費用4億500万円を計上した。

 数年前から移転先を選定し、当初は消防車両の駐車などを考慮して3000m²ほどの敷地を探していた。適地が見つからず条件を緩和した。

 東区北24条東17丁目にある東消防署はRC造、2階、延べ918m²の規模で1972年の完成。消防車両9台を保有するほか約90人が働き、老朽化や狭小さが課題だ。

 消防署移転後は市役所内部で活用案を募り、希望がない場合は解体を見込む。

 消防関連の市内大型施設では、南消防署を18年度に新築。他施設の完成年は北消防署が80年、消防局本庁舎86年などとなっている。

 また、市は消防施設の新型コロナウイルス感染症対策として仮眠室の個室化や照明設備の非接触化などを進める。23年度は9施設で改修工事の実施設計や、10施設で扉設置などに取り組む。関連費用2億3600万円を予算案に計上している。


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (1,828)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,292)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,127)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,098)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,001)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。