恵庭市のルルマップ自然公園 23―25年度にリニューアル

2023年02月15日 18時48分

パークゴルフ場のキャンプ場転用など

 恵庭市は、ルルマップ自然公園ふれらんど施設を2023―25年度でリニューアルする考えだ。パークゴルフ場の転用、フォレストアドベンチャーの拡張など官民連携でハード・ソフト事業に取り組む。施設の魅力を高め、利用者数増加や滞在時間延長を通して集客・収益性の高い公園を目指す。

 西島松275のルルマップ自然公園ふれらんどは12年度に開業した。敷地面積32.4ha。パークゴルフ場や多目的芝生広場、フォレストアドベンチャー恵庭などがある。

 新型コロナウイルス感染症の影響で利用者数や利用形態が変化していることや、開園から10年が経過したことを踏まえ、今後の方向性を話し合う検討会を22年10月に設置。10日に開いた第3回検討会で提言書素案のハード・ソフト事業を確認した。

 利用者が減少傾向のパークゴルフ場は、規模を縮小してキャンプ場に転用。軟石倉庫は飲食施設として活用し、貸付農園は残区画をキャンプ利用者に販売する野菜畑にする考えだ。

 このほか、大型遊具を設置する子どもの遊び場整備、公園入り口の施設サイン設置を見込む。

 新規・拡大事業にフォレストアドベンチャー拡張や墓園境界での植樹、転用したキャンプ場の機能追加、飲食施設建設、宿泊施設誘致を掲げた。

 フォレストアドベンチャー拡張へ植樹帯と散策路のコースを設け、マウンテンバイクで走れる環境を確保する。キャンプ場の追加機能としてトイレや炊事場、シャワー室を想定。飲食用施設は旧食堂棟を増改築し、合宿用宿泊施設としての活用も考えている。

 ソフト面は、SNSを使った広報の強化や利用者ニーズの収集に加え、各施設で利用できるチケットの販売、近隣自治体にあるホテルと連携した誘客促進、サッカー合宿誘致に取り組む。

 事業の実施主体は原則民間だが、サッカー合宿誘致、キャンプ場転用、施設サイン設置、子どもの遊び場整備、転用後のキャンプ場機能追加、飲食用施設建設は市が主体になることも見込んでいる。

 事業期間は、キャンプ場転用や子ども向け遊び場整備、飲食用施設建設、宿泊施設誘致が23―25年度、フォレストアドベンチャー拡張が23―24年度などとなっている。

 3月17日開催予定の第4回検討会で提言書案について話し合った後、市長に提言する。


関連キーワード: さっぽろ圏 公園

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,718)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,500)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,203)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,084)
住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (829)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。