ユニークな観戦スタイル提供 北海道ボールパークFビレッジ内覧会

2023年03月07日 17時13分

 ファイターズスポーツ&エンターテイメント(本社・北広島)は6日、北海道日本ハムファイターズの本拠地となるエスコンフィールドHOKKAIDOを中心に置く北海道ボールパークFビレッジの内覧会を報道機関向けに始めた。新球場は米国大リーグのボールパークを参考に、野球をエンターテイメントとして楽しめるように設計した。野球ファンだけでなく、周辺ではアウトドアやレジャー感覚の来場者が心躍らせる仕組みが満載だ。

 Fビレッジは、JR北広島駅近くに位置し、広さは約32万m²に上る。3月30日の公式戦の開幕とともに開業する。

 日ハムの本拠地である、エスコンフィールドは日本初の開閉式屋根付き天然芝球場となる。建築面積は約5万m²。約3万5000人を収容できる。

 選手のプレーを間近で見られる迫力あるスタンド席をはじめ、ユニークな観戦スタイルを提供するスペシャルシートを配置。熱戦を通じてスタンドとフィールドの一体感が期待できる。

 全国の味が集結する飲食店も集う。プレーに没頭するとともに、日常を忘れて旅行気分も味わえる演出だ。

球場全体が見渡せるバルコニースイート。
リラックスした雰囲気で野球観戦できる

気軽に動ける立ち見席も球場内に用意している

野球だけでなくルーフトップバーでクラフトビールも楽しめる

グラウンドより低い位置に座席があるラウンジ

グループで盛り上がれるシートも備えている

天然芝の下、疾走感あるプレーが見られそうだ

建物全体に道産の素材を取り入れた商業施設「THE LODGE」には、アウトドアグッズや自転車など6店舗が入る


米国自転車ブランドの日本法人スペシャライズドジャパンは、Fビレッジ限定の商品を展示・販売する


エスコンフィールドHOKKAIDO内のTOWER11には
ホテルがあり、客室から野球観戦ができる


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • web企画
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (6,311)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,544)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,521)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,404)
おとなの養生訓 第203回「おかゆ」 消化時間、白...
2021年03月15日 (1,039)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。