北広島市、新たなふるさと納税開始

2023年03月09日 18時48分

旅行中に寄付→その場で電子商品券返礼 「究極の地方創生」

 北広島市は9日、旅先納税の受け付けを開始した。旅行前・旅行中にスマートフォンで市に寄付すると、返礼品の電子商品券北広島市e街ギフトきたきた(きたきた)が受け取れ、加盟店舗ですぐに利用できる。エスコンフィールドHOKKAIDOで開催されるプロ野球の観戦チケットも購入可能。21日から飲食店や宿泊施設など市内33店舗で利用できる。

 市、ギフティ(本社・東京)、JTB(同)、ファイターズスポーツ&エンターテイメント(本社・北広島、FSE)が連携する。

 旅先納税は、ギフティのデジタルプラットフォーム「e街プラットフォーム」を活用したふるさと納税の新たな仕組み。9日時点で全国26自治体が導入する。

 きたきたは1500円分、3000円分、1万5000円分、3万円分、9万円分、15万円分、30万円分、45万円分、60万円分、90万円分の10種類を用意した。

 飲食店やゴルフ場、ホテルに加え、北海道ボールパークFビレッジ内の一部店舗が加盟する。当面、野球観戦チケット購入は現地対応だが、オンライン購入・予約にも導入予定。この仕組みを活用したチケット事前購入は日本初の取り組みとなる。

旅先納税を通して地方創生を目指す

 市内の芸術文化ホールで開いた記者会見で、上野正三市長は「市の良さに触れ応援したいと思ったときに利用してほしい。ふるさと納税の理念とまちづくりに合致した究極の地方創生」と期待した。

 ギフティの太田睦社長は、富裕層がふるさと納税を利用することを挙げ「ゴルフ場が対象店舗に加盟し寄付の期待がある。飲食や宿泊への波及効果も見込む」と説明。運営事務を担うJTBの阿部晃士北海道広域代表は、店舗数拡大へ意気込みを示した。

 FSE事業統括本部企画統括部の小林兼部長は「年間で野球観戦に約200万人、全体の来場者に約300万人を見込む。寄付額を底上げしたい」と述べた。

 


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,721)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,501)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,205)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,085)
住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (874)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。