学校給食センター改築を3分割で4月以降指名へ 猿払村

2023年03月20日 17時26分

6月頃着工を目指す

 猿払村は2023年度、学校給食センター改築に着工する。老朽化により、S造、平屋一部2階、延べ864m²の規模に建て替える。社会教育などにも生かせるようなスペースも設ける。主体、電気、機械の3分割で学校施設環境改善交付金の内示を待って指名し、6月ごろの着工を目指す。供用開始は25年1月ごろを見込む。

 既存の給食センターは鬼志別西町182にある。1979年建設のRC造、平屋、延べ375m²。村内にある小学校4校と中学校1校に約320食の給食を調理・配達している。老朽化に伴う水漏れなどが発生するほか、国が求める衛生基準を満たすために改築が必要と判断した。

 新施設は役場庁舎近くに位置する鬼志別西町84ほかで、これまでと同じ300食ほどの給食を提供する。社会教育などに活用できるスペースを設けることで食育を通じた村づくりを目指す。基本設計は岡田設計、実施設計は創建社が担当した。

 23年度予算には4億5015万2000円を計上し、継続費を設定する。財源には学校施設環境改善交付金を活用するため、4月以降の内示を待って指名する。指名後は5月か6月に開札し、臨時会か定例会で承認を諮り、着工する。完成は24年9月ごろを予定し、完成後は機材の引っ越しや搬入を済ませ3学期が始まる25年1月からの供用開始を見込む。


関連キーワード: 宗谷

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (2,955)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,353)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,295)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,258)
アルファコート、北見駅前にホテル新築 「JRイン」...
2024年04月16日 (905)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。