上ノ国町の栽培漁業センター、取水管350mを新設へ

2023年03月27日 16時56分

4月にも工事入札

 上ノ国町は、上ノ国漁港大崎地区にある栽培漁業総合センターで取水管新設を計画している。波浪の影響などでこれまで利用していた取水管が使えなくなったため、現取水口付近から直径200mmの取水管350mを新設する。最短で4月の入札を予定している。

センターの沖合から取水している

 1998年完成の同施設はS造、2階、延べ2850m²の規模。アワビの種苗育成などをしている。

 種苗育成には毎時20㌧の海水を利用するが昨秋、取水管に穴が空いているのを確認。現在は施設近くに仮設の管を敷き、取水している。

 一定の水温を保つため、ボイラをこれまで以上に稼働。コストがかかっていることなどから、取水管を敷設し直す。

 従来は一部の管を海中に露出させていたが、波浪などの被害を避けるため、新取水管は岩盤を掘削して全て埋設。港の内側を通って施設に接続する形とする。

 設計は中山設計事務所が担った。23年度予算に工事費1億4300万円を計上。工期に4―5カ月をみている。入札方式は検討中だ。


関連キーワード: 桧山 漁業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,721)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,501)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,205)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,085)
住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (874)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。