鶴雅リゾートの洞爺湖新ホテル「洸の謌」がオープン

2023年04月29日 08時00分

木材が複雑に組まれた天井を持つラウンジ

 鶴雅リゾート(本社・釧路市)は、「洞爺湖鶴雅リゾート 洸の謌(ひかりのうた)」を28日にグランドオープンする。北海道電力旧保養所を増改築した宿泊施設で、内装や家具は主に北海道産木材を活用。増改築によるホテルとして道内初の「ZEB Ready」を達成している。

 RC造、4階、延べ8996m²の規模で、うち東側に増築した新館が延べ5024m²。客室は広さ43―123m²の計48室とし、33室に露天風呂が付く。

 所在地は壮瞥町壮瞥温泉88の26。ほとんどの部屋から洞爺湖を望むことができ、短期滞在から長期ワーケーションまで対応可能。家族や歴史・文化などをコンセプトとし、室内に書棚を置いたり、子ども向けの内装にするなど個性を持たせている。

 施設内は、木材を複雑に組んだ天井にするなど洞爺湖の自然をイメージ。敷地面積5・6haを活用した庭園には散策路や高さ15mの丘を設けた。

 施工は岩田地崎建設、設計は遠藤建築アトリエが担当。北電がZEBプランナーとして開発計画に加わった。


関連キーワード: ホテル 胆振 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 川崎建設
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸彦渡辺建設が31日付で清水建設の子会社に
2023年05月12日 (16,805)
上位50社、過去16年で最高額 22年度道内ゼネコ...
2023年05月11日 (8,481)
ラピダスの工場新築で関連企業から多数の問い合わせ
2023年05月25日 (6,812)
熊谷組JV、道新幹線トンネル工事で虚偽報告
2023年05月08日 (5,977)
砂川に複合型施設オープン シロの福永敬弘社長に聞く
2023年05月22日 (4,875)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第31回「特に需要が増える繁忙期」。情勢を把握して適切な宣伝を行うと、新規顧客獲得につながるかもしれません。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第255回「内臓脂肪蓄積」。ポッコリお腹は悪性肥満、生活習慣の改善が必要です。

連載 ごみの錬金術師

ごみの錬金術師
廃ガラス製品を新たな姿に。道総研エネ環地研の稲野さんの研究を紹介。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第32回「確実に伝えたい色」。青と黄色は色覚に左右されにくい「伝える色」です。