行政書士池田玲菜の見た世界

 アンパサンド行政書士事務所の池田玲菜代表が、行政書士の視点から連載するコラム。(北海道建設新聞本紙3面で、毎月第1木曜日に掲載しています)

行政書士池田玲菜の見た世界(31)特に需要が増える繁忙期

2023年06月02日 08時00分

情勢把握し顧客獲得を…

 繁忙期の多くは業界ごとにあります。例えば、税理士業界であれば、3月の確定申告の時期は忙しくなりますし、3月決算の会社の税務申告期限である5月末も忙しいものです。社会保険労務士業界であれば、労働保険の年度更新に加え、社会保険の算定基礎届を提出する7月初頭に向けて多忙を極めているように思えます。

 「行政書士業界の繁忙期はいつですか」と聞かれることは多いですが、答えるのは難しいです。建設業に従事している顧客が多い行政書士にとっては、顧客の決算に始まり、決算報告、経営事項審査申請の時期に加え、入札参加資格審査の時期が繁忙期となります。3月決算の企業は、やはり多いので、6月ごろから対応に追われ、夏が繁忙期となるでしょう。

 一方で、自動車の登録業務に携わることの多い行政書士は、自動車税の発生する4月1日の前が繁忙期となります。

 確認したことはありませんが、不動産登記が多い司法書士も、固定資産税の基準日である1月1日の前は繁忙期なのではないかと思います。

 このようにカレンダーに合わせた繁忙期がある一方で、ブームによる繁忙というものもあります。士業では、裁判判決や法制度の変更により、短・中期的に業務が増加することがあるのです。

 弁護士業界には、過払いバブルというものがありました。いわゆるグレーゾーン金利が違法であるとした判決を経て、消費者金融などに支払っていた利息の一部を返還する請求手続きが注目を集めました。弁護士には過払金請求で多忙を極めていた人がいました。

 先日、司法書士試験の受験生と話しました。今後、不動産の相続登記が義務化されるため、不動産登記申請が増える。その前に資格を取得して、スタートダッシュを切れるようにしたいと言っていました。

 さて、弊所の繁忙期はいつなのかは、とても困る質問です。補助金申請の支援が中心となる弊所では、繁忙期が複数生じることとなりました。

 かつては、年度の終わり頃に翌年度の補助金の概要が公表され、年度が変わると補助金の申請が始まるというルーティーンがありました。申請時期が終了するとゆったりとした時期が続いたものです。しかし、数年前から、年度内に複数回の申請締め切りがある補助金が出てきました。すると、一つの補助金が終われば、次の補助金に向けた準備が始まるという風に、常に締め切りに追われる状態となっています。

 繁忙期とは、世の中にその商品やサービスを必要としている人が増える時期です。世の中をよく観察し、どのようなサービスが必要とされているのかを把握し、適切な宣伝により新規顧客を得ることができれば、事業の繁栄の近道なのかもしれません。言うは易し行うは難しです。


行政書士池田玲菜の見た世界 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (1,828)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,292)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,127)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,098)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,001)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。