オホーツク総合局、畑総常呂第3豊川の総事業費に32億円試算

2023年06月01日 16時30分

計画見直し、24年度採択へ

 オホーツク総合局産業振興部は、2024年度の新規採択を目指す水利施設等保全高度化・畑地帯総合整備中山間地域型常呂第3豊川地区の計画を見直した。これまでは総事業費を19億円としていたが、ヒアリングや調査設計を踏まえ32億円に変更。区画整理607haなどを進め、32年度の完了を見込む。

 北見市北部に位置する同地区は、サロマ湖と常呂川に挟まれた畑地帯。小麦やてんさい、バレイショなどを作付けしていて、受益面積は607ha、受益戸数は60戸となっている。

 道営畑地帯総合整備・担い手支援常呂第2豊川地区(04―08年度)、道営水利施設等保全高度化・特別型担い手育成型常呂豊川地区(12―20年度)で暗渠や客土などを施してきた。

 しかし、いまだに整備されていないほ場が存在し、急勾配や排水不良、保水性不足などの課題が残る。このため暗渠・客土に取り組み排水・保水性を確保するほか、区画整理で改善を図る。

 工事費は区画整理に29億2900万円を試算。内訳は整地607haに8200万円、暗渠329haに8億4400万円、客土282haに19億9800万円、心土破砕42haに500万円を充てる。このほか、測量設計費2億1600万円、用地補償費に5500万円を見込む。


関連キーワード: オホーツク 農業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (1,839)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,522)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,243)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,149)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,096)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。