太陽光の電力蓄え融雪に-道が民間とタイアップして稚内で試験

2015年01月09日 19時27分

 道は、民間企業とのタイアップ事業の一環として、トミタ(本社・札幌)ら道内外の3社とともに、太陽光で発電した電力を蓄電して冬季の融雪電源に活用する実証試験を1月中旬から稚内市内で始める。積雪寒冷地でのスマートシティのモデル構築に向け、発電、蓄電、活用といった一連の耐寒性を調べる。

 太陽光発電ユニットを製造販売するトミタ、太陽光発電パネル製造のPVG Solutions(本社・横浜)、蓄電システムを製造するCONNEXX SYSTEMS(同・京都)の3社がタイアップして試験。稚内市が実験場所の提供で協力する。

 市が所有する稚内メガソーラー発電所内に、表面が雪に覆われても反射光によって裏面で発電可能な両面発電型の太陽光パネルを2枚設置。発電した電力をマイナス20度まで耐えられる鉛電池とリチウムイオン電池のハイブリッド蓄電池にため、冬季に融雪マットへ流すことで、夜間などに融雪電源として活用できるかどうかを調べる。

 試験期間は2018年3月までの約3年間。冬季の発電量や蓄電池の連携・動作状況、融雪状況を計測・評価し、その結果は参画する事業者のホームページなどで公開する予定だ。

 道経済部は「タイアップ事業者に道内企業も名を連ねているので、試験によって道内企業の製品が今後広がっていけば」と話している。


関連キーワード: 新技術

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,056)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,388)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,382)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,010)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (987)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。