太陽光の電力蓄え融雪に-道が民間とタイアップして稚内で試験

2015年01月09日 19時27分

 道は、民間企業とのタイアップ事業の一環として、トミタ(本社・札幌)ら道内外の3社とともに、太陽光で発電した電力を蓄電して冬季の融雪電源に活用する実証試験を1月中旬から稚内市内で始める。積雪寒冷地でのスマートシティのモデル構築に向け、発電、蓄電、活用といった一連の耐寒性を調べる。

 太陽光発電ユニットを製造販売するトミタ、太陽光発電パネル製造のPVG Solutions(本社・横浜)、蓄電システムを製造するCONNEXX SYSTEMS(同・京都)の3社がタイアップして試験。稚内市が実験場所の提供で協力する。

 市が所有する稚内メガソーラー発電所内に、表面が雪に覆われても反射光によって裏面で発電可能な両面発電型の太陽光パネルを2枚設置。発電した電力をマイナス20度まで耐えられる鉛電池とリチウムイオン電池のハイブリッド蓄電池にため、冬季に融雪マットへ流すことで、夜間などに融雪電源として活用できるかどうかを調べる。

 試験期間は2018年3月までの約3年間。冬季の発電量や蓄電池の連携・動作状況、融雪状況を計測・評価し、その結果は参画する事業者のホームページなどで公開する予定だ。

 道経済部は「タイアップ事業者に道内企業も名を連ねているので、試験によって道内企業の製品が今後広がっていけば」と話している。


関連キーワード: 新技術

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 東宏
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,385)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,461)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,318)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,210)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,682)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。