道内の建築確認件数、マイナスが10カ月続く-11月は18%減

2015年01月13日 19時08分

 2014年11月の道内建築確認件数は前年同月比18.1%、335件減の1516件となった。木造住宅が中心の4号が20.7%減の1155件、学校や病院などの特殊建築物と200m²を超える木造以外の1―3号が8.3%減の361件でともにマイナスとなり、10カ月連続で減少。特定行政庁10市は、小樽や帯広など4市で1―3号が微増となったものの、全体で1000件、23.4%減となった。

 道建設部建築指導課がまとめた建築確認済み件数を基に集計した。11月は全受付機関で振るわず、前年同月を上回ったのは限定行政庁17市町、総合局・振興局6カ所で、特定行政庁はゼロだった。

 特定行政庁は、1―3号が248件(10.7%減)、4号が752件(26.8%減)の内訳。

 最多の札幌は1―3号が142件(18.3%減)、4号が368件(23.7%減)で、500件を切った09年に次ぎ、過去5年で2番目に少なかった。

 1―3号を見ると、小樽で14.2%、釧路で18.1%、旭川で11.1%、帯広で36.3%それぞれ増加している。

 4号のみ受け付ける限定行政庁は38件の恵庭、34件の石狩など17市町、総合局・振興局は36件の十勝、27件の胆振など6カ所でそれぞれ増加し、減少幅を1桁台に抑えた。

 延べ床面積別の件数は、30m²以内が56件、30m²超100m²以内が239件、100m²超200m²以内が932件、200m²超500m²以内が195件、500m²超1000m²以内が52件、1000m²超2000m²以内が28件、2000m²超1万m²以内が11件、1万m²超5万m²以内が3件。

 戸建て以外の3階建て木造建築を見ると、共同住宅が22件、共同住宅以外が16件あった。

 これで1月からの累計は前年同期比14.5%、2786件減の1万6411件となった。1―3号が4134件(4.7%減)、4号が1万2277件(17.4%減)の内訳だ。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 東宏
  • イイファス
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (4,013)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,682)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,098)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,716)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,482)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。