道が釧路病院跡地1.9万㎡を一般競争で売却へ-2月5日開札

2015年01月20日 19時10分

 道は、釧路市桜ケ岡の旧道立釧路病院跡地を一般競争入札で売却する。敷地面積は延べ約1万9000m²で、入札参加の申込期限は26日。2月5日午後1時に釧路総合振興局別館で開札する。

 釧路市桜ケ岡1丁目117の7ほかの土地で、1万8990m²の広さ。建物は解体され、更地となっている。道道釧路環状線沿いにあり、茅野公園などが近くにある。

 用途は建ぺい率60%、容積率200%の第1種中高層住居専用地域。敷地のうち、桜ケ丘1丁目117の7の一部、約1000m²は建ぺい率80%、容積率200%の近隣商業地域となっている。最低売却価格2547万5000円を設定する。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (24,132)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,088)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,699)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,458)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,333)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。