札樽道手稲ICの小樽方面乗り口新設が16年春にも着工

2015年01月22日 19時39分

 東日本高速道路道支社は、札樽自動車道手稲ICへの小樽方面乗り口レーン新設の2016年春着工を目指している。総事業費8億7300万円、工事費4億500万円を投じる計画がいよいよ動きだす。

 札幌市手稲区富丘にある手稲ICは札幌方向との乗り降りしかできない形状のため、前身の日本道路公団道支社が2000年度、小樽方向への乗り口レーン整備に着手。

 しかし道路関係四公団民営化に伴い、東日本高速道路は有料道路ネットワーク整備時期を再検討。小樽方向への乗り口レーン新設は継続調査に切り替えられていた。

 その後、札樽道の延長に当たる北海道横断自動車道小樽―余市間の供用開始が18年に決まったことを受け、事業を再開。同区間開通に合わせて乗り口レーンを供用できるよう、14年度から地形調査や詳細設計に取り掛かった。設計完了までには2カ年を見込んでいる。

 ICに接続するランプは延長300mで計画。幅員は小樽方向に向かって左路肩2・5m、車道3・5m、右路肩1mの計7mとなる。このうち市道手稲山麓線交点から料金所までの40m区間については、札幌市が整備を担当する。

 事業費の内訳は、工事費4億500万円、用地費・補償費2億5300万円、その他調査費など2億1500万円。15年度以降の残事業費は、7億6000万円に上る。

 扱いが未定となっている小樽方面からの降り口について、担当者は「降り口を造るには、現在戸建て住宅や公園がある地区を用地買収する必要があるが、地元から建設要望も出ているので、今後の交通量調査の結果を踏まえて検討していきたい」と説明。将来的なフルインターチェンジ化に含みを持たせている。


関連キーワード: 土木 大型 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (2,239)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,076)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,616)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,386)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,024)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。