旭川建管が上富良野町吹上通拡幅の事業化目指す-15年度に

2015年01月23日 19時22分

 旭川建管は、3・4・4上富良野町吹上通拡幅の2015年度事業化を目指している。1300m区間で、現況11・5mの幅員を16mに広げる計画。総事業費は約8億円を試算している。

 同通は道道吹上上富良野線の一部。町が十勝岳噴火時の避難路に指定しているほか、十勝岳温泉と国道237号を結ぶ基幹観光道路に位置付けている。

 整備を計画しているのは、JR富良野線の踏切を渡った本町3丁目から東町3丁目までの区間で、1日当たりの交通量は4115台。沿道には商業施設が立ち並び、買い物や通勤、通学などで歩行者と自転車が行き交う。大型車両の通行も多いが、歩道と車道の間隔が近いため、幅員を広げて安全性を高める。

 整備区間の起点側には、急なカーブと一時停止標識がある。交通の円滑化に向けてカーブを緩やかにし、一時停止を廃止したい考え。

 今後、交安協議などを進めて都市計画事業認可に備える。


関連キーワード: 土木 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,269)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,357)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,167)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,141)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,608)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。