函館空港国際線ターミナルビルが改修へ-待合室拡充など検討

2015年01月27日 19時14分

 函館空港ビルデング(函館市高松町511、東陽一社長)は、国際線ターミナルビルの改修を検討している。利用客の増加を受け、待合室やロビー、免税店などの拡充を図り、利便性を向上させる。今春をめどに改修計画をまとめ、早期の整備を目指す。

 同空港の国際線は、2013年秋から台湾のエバー航空と復興航空が定期便の運航を開始。14年冬には中国・天津やマレーシア間のチャーター便も運航され、14年の国際線利用客数は16万人超の過去最多を記録した。エバー航空が毎日運航するなど、今後も増加が予想されている。

 現在の国際線ターミナルビルは、1階ロビーとチェックインカウンター部分が合わせて389m²、出入国審査スペースは758m²。狭あい化しているロビーをはじめ、入国審査ブース、1、2階の出国待合室(計331m²)、免税店(81m²)などの拡張を考えている。

 関係機関と調整の上、今春にも計画を固める。同社は「拡張に向け、数パターンを検討している段階。狭あい化を解消し利便性の高い施設にしたい」と話している。


関連キーワード: 建築 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (2,235)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,075)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,617)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,386)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,022)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。