土木経審1000点以上の道内企業は268社-前回を30社上回る

2015年01月27日 19時19分

 道内主要建設会社の土木一式の経審結果がまとまった。総合評定値(P点)1000点以上は、前回資格審査時(2013・14年度)と比べて30社多い268社で、うち8割に当たる212社の点数が上昇した。完工高は75%の200社で増加。公共事業の発注量増加に伴い、各社とも総合評定値が上がっている。

 大臣許可は14年12月25日、知事許可は15年1月15日までに出力されたP点800点以上の各社を分析。前回資格審査時で客観点となった2年前の経審結果と比べた。現時点で未出力な業者が数社ある。

 今回の経審結果は、北海道開発局や道などの主要発注官庁が3月に決定する次回(15・16年度)定期資格審査の客観点となる。14年3月から7月に決算を迎えた会社が大半を占めた。

 P点800点以上の1090社のうち、前回資格審査時と比べて点数が上昇したのは全体の73%に当たる795社を数えた。上昇幅が大きいのは、阿部建設(本社・新篠津)の177点、協業組合公清企業(同・札幌)の95点、萩原建設工業(同・帯広)の92点、タカハタ建設(同・旭川)の87点、只石組(同・旭川)の77点、中村建設(同・余市)の73点など。

 経営状況を示すY点が増加したのは66%の718社、社会性のW点が増加したのは46%の496社など、項目によってばらつきがある。完工高は689社で増加した。

 P点トップは1458点の岩田地崎建設(本社・札幌)。これに1334点の中山組(同・札幌)、1333点の岩倉建設(同・札幌)、1306点の宮坂建設工業(同・帯広)、1292点の西村組(同・湧別)が続いている。


関連キーワード: 企業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,053)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,997)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,514)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,445)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,337)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。