土木経審1000点以上の道内企業は268社-前回を30社上回る

2015年01月27日 19時19分

 道内主要建設会社の土木一式の経審結果がまとまった。総合評定値(P点)1000点以上は、前回資格審査時(2013・14年度)と比べて30社多い268社で、うち8割に当たる212社の点数が上昇した。完工高は75%の200社で増加。公共事業の発注量増加に伴い、各社とも総合評定値が上がっている。

 大臣許可は14年12月25日、知事許可は15年1月15日までに出力されたP点800点以上の各社を分析。前回資格審査時で客観点となった2年前の経審結果と比べた。現時点で未出力な業者が数社ある。

 今回の経審結果は、北海道開発局や道などの主要発注官庁が3月に決定する次回(15・16年度)定期資格審査の客観点となる。14年3月から7月に決算を迎えた会社が大半を占めた。

 P点800点以上の1090社のうち、前回資格審査時と比べて点数が上昇したのは全体の73%に当たる795社を数えた。上昇幅が大きいのは、阿部建設(本社・新篠津)の177点、協業組合公清企業(同・札幌)の95点、萩原建設工業(同・帯広)の92点、タカハタ建設(同・旭川)の87点、只石組(同・旭川)の77点、中村建設(同・余市)の73点など。

 経営状況を示すY点が増加したのは66%の718社、社会性のW点が増加したのは46%の496社など、項目によってばらつきがある。完工高は689社で増加した。

 P点トップは1458点の岩田地崎建設(本社・札幌)。これに1334点の中山組(同・札幌)、1333点の岩倉建設(同・札幌)、1306点の宮坂建設工業(同・帯広)、1292点の西村組(同・湧別)が続いている。


関連キーワード: 企業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 川崎建設
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (4,013)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,682)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,098)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,716)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,482)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。