北保証まとめの公共工事請負額は1月もダウン-7カ月連続

2015年02月02日 19時19分

 北海道建設業信用保証は2日、2015年1月の公共工事請負額(保証工事)を発表した。総額は前年同月を21.9%下回る141億2400万円で、7カ月連続のマイナス。各地域で落ち込む中、道北が急激な増加を見せた。4月からの年度累計は8000億円台にとどまり、前年度同期に届いていない。

 1月の内訳を発注者別に見ると、道内市町村が87.7%増の46億3400万円で最多。道が16.5%増の32億2400万円でこれに続く。国は25億8800万円で41.1%の減少。独立行政法人等は19億3800万円と13.4%上回ったものの、道外自治体などのその他が17億3900万円で74.2%の大幅減となっている。

 地域別では、渡島の56.8%減、オホーツクの56.1%減をはじめ9管内がマイナスに転落した。一方で、道北の留萌は少なかった前年同月からの反動で61・7倍と急増。上川は士別市の一般廃棄物最終処分場新設などで4倍、宗谷は礼文町の災害復旧関連で2・3倍の伸びを示した。道央の日高は、ひだか漁協の貯氷施設新設などで3・7倍に押し上げた。

 4月からの年度累計は8675億200万円と前年度同期を3%、265億円下回り、下げ幅が拡大している。

 内訳は、市町村が8.6%増の2842億8200万円だが、国が20.9%減の2710億8400万円と伸び悩んでいる。道も7.9%減の1754億7900万円と低水準にある。

 このほか、その他が56.4%増の777億1600万円、独立行政法人等が19.7%増の576億1000万円、地方公社が15.2%増の13億3000万円となっている。

 プラスは宗谷と後志、桧山、石狩、渡島、釧路の6管内。マイナス8管内のうち十勝、上川、空知、日高の4管内は2桁台の落ち込みを見せている。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,119)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,092)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,371)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,677)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,520)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。