北保証まとめの公共工事請負額は1月もダウン-7カ月連続

2015年02月02日 19時19分

 北海道建設業信用保証は2日、2015年1月の公共工事請負額(保証工事)を発表した。総額は前年同月を21.9%下回る141億2400万円で、7カ月連続のマイナス。各地域で落ち込む中、道北が急激な増加を見せた。4月からの年度累計は8000億円台にとどまり、前年度同期に届いていない。

 1月の内訳を発注者別に見ると、道内市町村が87.7%増の46億3400万円で最多。道が16.5%増の32億2400万円でこれに続く。国は25億8800万円で41.1%の減少。独立行政法人等は19億3800万円と13.4%上回ったものの、道外自治体などのその他が17億3900万円で74.2%の大幅減となっている。

 地域別では、渡島の56.8%減、オホーツクの56.1%減をはじめ9管内がマイナスに転落した。一方で、道北の留萌は少なかった前年同月からの反動で61・7倍と急増。上川は士別市の一般廃棄物最終処分場新設などで4倍、宗谷は礼文町の災害復旧関連で2・3倍の伸びを示した。道央の日高は、ひだか漁協の貯氷施設新設などで3・7倍に押し上げた。

 4月からの年度累計は8675億200万円と前年度同期を3%、265億円下回り、下げ幅が拡大している。

 内訳は、市町村が8.6%増の2842億8200万円だが、国が20.9%減の2710億8400万円と伸び悩んでいる。道も7.9%減の1754億7900万円と低水準にある。

 このほか、その他が56.4%増の777億1600万円、独立行政法人等が19.7%増の576億1000万円、地方公社が15.2%増の13億3000万円となっている。

 プラスは宗谷と後志、桧山、石狩、渡島、釧路の6管内。マイナス8管内のうち十勝、上川、空知、日高の4管内は2桁台の落ち込みを見せている。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (24,135)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,104)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,701)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,465)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,333)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。