除雪機械の操作技術伝承へ今年も札幌市内で研修会

2015年02月02日 19時25分

 札幌市と札幌市除雪事業協会(乳井文夫会長)は2日、東区のモエレ沼公園駐車場で除雪機械実技研修を開いた。各マルチの若手オペレーター57人が、機械に同乗したベテランオペレーターから指導・助言を受けながら技術の向上に励んだ。

 従事者の高齢化で担い手不足が懸念される中、後継者確保や技術継承につなげようと企画したもので、昨年に続き2回目。

 ことしは余裕を持たせて午前と午後の2回に分けて実施したため、1人当たりの受講時間は約20分と前年の倍以上を確保できた。

 研修に先立ち、市の吉岡亨建設局長は「高齢化で技術の伝承が難しくなっているが、この研修を有意義なものにしてほしい」と呼び掛けた。

 このあと4コースに分かれてグレーダーやショベル、大型ロータリー、小型ロータリーの4機種の訓練を開始。ベテランと若手が一緒に乗り込み、操作や出来栄えをその場で指導・助言する流れで進めた。

 ショベルを操作した三道工業の片岡栄司さんは「雪の寄せ方や段差部分におけるブレードの動かし方などを的確に助言してもらえた」と手応えを実感。

 今冬が初めての出動となったシンコー建設工業の三浦義貴さんは小型ロータリーに乗り、「これまでの操作をベテランにチェックしてもらえ、とても参考になった」と振り返っていた。


関連キーワード: 人材育成

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,187)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,279)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,756)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,656)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,505)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子
いつもの暮らし便 new

本間純子 いつもの暮らし便
第23回「夏の音」。虫の声は日本語が母語の人だけの音楽会。聞きたい放題、無料です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。