総工費662億円の北1西1再開発ビルが本格着工-現地で起工式

2015年02月03日 19時13分

 総工費662億円を投じる巨大再開発が本格着工―。札幌創世1・1・1区北1西1地区市街地再開発組合(理事長・生島典明副市長)は3日、現地で起工式を開いた。大通西1、大通東1を含む3つの1丁目からなる「創世1・1・1区」の一丁角を占める、最初の大型工事が、2018年3月の全体完成に向けていよいよ動きだした。

 再開発ビルの規模はS・SRC・RC造、地下5地上28階、延べ13万1085m²、敷地面積は1万1675m²。北海道テレビ放送(HTB)や朝日新聞社などが入居する高さ約124mの高層棟と、2300席の高機能ホールやアートセンター、図書館などの公共施設からなる仮称・市民交流複合施設が入る高さ約65mの低層棟で構成する。地下には約430台分の駐車場と、約880台収容の駐輪場を備える。総事業費は約780億円。

 外壁は高層棟、低層棟ともにガラスウオールで整備する。建物には制震構造を採用し、環境や災害時の事業継続性(BCP)に配慮。仮称・西2丁目地下歩道と直結させることで、利便性や回遊性の向上も図る。

 再開発事業の特定業務代行者である大成建設・岩田地崎建設・伊藤組土建・岩倉建設・丸彦渡辺建設共同体が施工を担当。設計は日建設計・北海道日建設計共同体で進めた。

 組合地権者は札幌市、パーク24、明治安田生命、HTB、朝日新聞社、札幌振興公社、北海道熱供給公社の7者。

 1月9日付で権利変換計画認可を受け、同16日に特定業務代行者と工事請負契約を締結。解体工事と並行しながら、施設新築に向け山止め工事を進めてきた。

 関係者62人が出席した起工式では日建設計の亀井忠夫社長がカマ、上田文雄市長と生島副市長がクワ、大成建設の山内隆司社長がスキを入れ、玉串をささげて工事中の安全を祈った。

 構想から約20年を経てようやく本格始動した大型再開発。今後控える大通東1地区などの都心部再開発にも弾みがつきそうだ。


関連キーワード: 大型 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,860)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,413)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,309)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,100)
コロナ禍でも工事を継続 道内地場ゼネコン
2020年04月28日 (931)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。