開発局の14年度補正、ゼロ国は札幌最多239億円-下旬以降工事情報

2015年02月04日 19時21分

 北海道開発局は4日、2014年度補正予算の概要を発表した。開建別で見ると、ゼロ国債は札幌の239億円が最多。これに旭川の130億円、釧路の117億円、網走の110億円が続く。追加補正は釧路32億円、札幌19億円などで、大半の執行は4月以降となる見通し。各開建が2月下旬以降に発注見通し(工事情報)を公表する。

 15年度予算の前倒しとなるゼロ国債は923億円を措置。道路は、着工凍結が解除された道縦貫自動車道士別剣淵―名寄間に10億円を充て、本線建設を進める。このほか、道横断道の陸別―北見間に46億円、浦幌―釧路間に20億円、40号音威子府バイパスに29億円、道横断自動車道釧路ICに接続する38・44号釧路外環状道路に20億円などを措置。供用が近い高規格幹線道路の区間を抱える網走、釧路、旭川などで積極的に予算が積み上げられた。

 治水は全体の6割に当たる87億円を札幌に配分した。港湾は国際バルク戦略港湾の関連施設整備が本格化する釧路港に20億円、苫小牧港に11億円を確保した。

 農業は区画の大規模化を進める国営農地再編整備を中心に配分。妹背牛地区10億円、南長沼地区16億円、美唄茶志内地区11億円、富良野盆地地区に23億円、上士別地区12億円など、札幌と旭川で事業量が多い。水産基盤は、ウトロ漁港に13億円を充てる網走が22億円で最も多い。

 追加補正は、道路の改築が道横断道浦幌―釧路間3億円、函館江差道5億円、5号忍路防災4億円、日高道7億円のほか、各地の防災対策として22億円を確保した。治水は石狩川に14億円を措置。水産基盤は落石、羅臼、ウトロの各漁港に4億―5億円を充てる。


関連キーワード: 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,860)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,413)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,309)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,100)
コロナ禍でも工事を継続 道内地場ゼネコン
2020年04月28日 (931)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。