孝仁会が道立釧路病院跡地1.9万㎡を落札-応札1者

2015年02月05日 19時22分

 道は5日、釧路市内にある旧道立釧路病院跡地売却の一般競争入札を行い、社会医療法人孝仁会(釧路市芦野1丁目27の1、斎藤孝次理事長)が2547万5000円で落札した。

 売却したのは、釧路市桜ケ岡1丁目117の7、17、19の計1万8990m²。用途は第1種中高層住宅専用地域で建ぺい率60%、容積率200%。このうち約1000m²が近隣商業地域で建ぺい率80%、容積率200%となっている。

 敷地は2005年に閉院した道立釧路病院の跡地。施設は解体を終え、更地となっている。

 入札には同法人のみが応札し、最低売却価格と同額で落札した。今後の土地利用について同法人の担当者は、「すぐに予定はないが、将来活用する可能性も見込んで取得した」と話している。

 同法人は釧路市や札幌市などを中心に、医療・介護施設の運営を展開している。


関連キーワード: 医療福祉 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • web企画
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (3,731)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,101)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,599)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,348)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,072)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。