孝仁会が道立釧路病院跡地1.9万㎡を落札-応札1者

2015年02月05日 19時22分

 道は5日、釧路市内にある旧道立釧路病院跡地売却の一般競争入札を行い、社会医療法人孝仁会(釧路市芦野1丁目27の1、斎藤孝次理事長)が2547万5000円で落札した。

 売却したのは、釧路市桜ケ岡1丁目117の7、17、19の計1万8990m²。用途は第1種中高層住宅専用地域で建ぺい率60%、容積率200%。このうち約1000m²が近隣商業地域で建ぺい率80%、容積率200%となっている。

 敷地は2005年に閉院した道立釧路病院の跡地。施設は解体を終え、更地となっている。

 入札には同法人のみが応札し、最低売却価格と同額で落札した。今後の土地利用について同法人の担当者は、「すぐに予定はないが、将来活用する可能性も見込んで取得した」と話している。

 同法人は釧路市や札幌市などを中心に、医療・介護施設の運営を展開している。


関連キーワード: 医療福祉 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 川崎建設
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,093)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,470)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,234)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,880)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,240)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。