室蘭開建が室蘭新道高架橋区間の下部補修に着手へ

2015年02月05日 19時26分

 室蘭開建は、36号室蘭新道の高架橋区間2100mの下部補修に取り掛かる。初弾となる仲町高架橋の補修は、2014年度ゼロ国債で措置し、一般競争で近く公告、鋼桁補修や支承更新、塗り替えを予定する。15年度以降も緊急性の高い箇所から進める考え。08年度から実施する上部の補修は、御崎ランプの完了で事業を終える。

 1981年度に全線開通した総延長8280mの室蘭新道は、室蘭市輪西町から山手町までの約4000mが自動車専用道路区間。うち2100mを高架橋部分が占め、伸縮装置や地覆、中央分離帯基礎の隙間から雨水が浸透し、主桁の鋼材腐食や床版コンクリートの劣化が進んでいる。

 07年9月には、高架橋からコンクリート片がJR室蘭本線に落ち、走行中の列車に当たる事故が発生。同開建が調査した結果、放置すると状況が深刻化する恐れがあると判明した。

 08年度から、橋長が300mの輪西、700mの仲町、350mの瑞之江、450mの御崎、300mの母恋の5橋のほか、本線と道道、市道をつなぐアプローチ部分、本線をまたぐ御崎ランプ60mで上部補修を開始した。

 上部のコンクリート劣化や鋼材腐食を食い止める工事を先行。地覆や中央分離帯は縁石を撤去した上で、床版コンクリートと一体で表面含浸材を塗布し、撤去したガードレールを再度設置する。並行して伸縮装置の交換、床版防水、排水桝の補修も実施している。

 上部補修はほぼ終えており、08―14年度の投入額は約21億2100万円。上部で残るのは、本線をまたぐ御崎ランプの地覆、伸縮装置、床版防水のみ。ランプ橋の下をJR室蘭本線が通るため、所管するJR北海道と協議中だ。

 下部の支承更新や鋼桁補修、塗り替えは手付かずだったが、本年度実施した高架橋の点検結果がまとまり、初弾となる仲町高架橋を発注することにした。一般土木B等級を対象に、工期11カ月、工事額は1億―2億5000万円で考えている。

 残る4橋の高架橋やアプローチ部分なども老朽化が進み、対策が求められているため、15年度以降、緊急性を勘案して補修に入る。


関連キーワード: 土木 橋梁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,533)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,187)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (1,816)
名寄市 王子マテリア名寄工場の事業継続要請
2019年10月16日 (1,573)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,511)

連載・特集

連載 釧根で輝く女性たちnew

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第171回は「内臓脂肪」。内臓を背中 に繋ぎ止める腸間膜についた脂肪で、 過度に増えると重大疾患を招きます。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。