市町村の品確法運用支援へ発注者協議会が15年度に地方部会設置へ

2015年03月04日 19時15分

 北海道開発局や道などで組織する北海道ブロック発注者協議会は2015年度に振興局などの単位で地方部会を設置し、全ての市町村が改正公共工事品質確保促進法(品確法)の運用指針に盛り込まれた発注関係事務の取り組みを実践できるよう支援する考えだ。国土交通省などは、指針を4月から全ての公共工事発注者で運用させることを目指し、受注者が適正な利潤を確保できる仕組みづくりを急いでいる。

 国交省は、1月下旬に運用指針が策定されたことを受け、全国に同ブロック協議会の設置と全ての市町村の参加を促した。これを受けて道ブロック発注者協議会は、広域な地域特性を踏まえ、地方部会を置くことにした。

 地方部会は、エリア内の全市町村、振興局や建管などの参加を想定。開建はオブザーバーの位置付けとなる見通しだ。対象エリアは総合局や振興局を基本としながらも、開建単位で設置することなども検討していて、柔軟に対応する考え。

 改正品確法は国や都道府県に対し、発注者が同法に基づき発注関係事務を適切に実施するため、「発注者間の連携体制」の構築を求めている。マンパワーやノウハウが不足している市町村に対して、国や都道府県が発注関係事務に関する人員やノウハウをサポートし、運用指針に盛り込まれた事項を市町村に根付かせるのが狙いだ。

 運用指針には、調査・設計、工事発注準備、入札契約、施工、完成後の各段階で、公共発注者が取り組むべき内容を明示。その上で、各発注者が「必ず実施すべき事項」として、適切な予定価格設定、低入札価格調査制度・最低制限価格の徹底活用、予定価格の事後公表、発注者間の連携体制構築などを盛り込んでいる。


関連キーワード: 北海道庁 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,046)
旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (2,846)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,819)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,748)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,511)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。