JR北海道が道新幹線に初期微動検知システム-札幌延伸区間にも

2015年03月11日 19時01分

 JR北海道は11日、2016年3月に開業する北海道新幹線新青森―新函館北斗間で取り組む地震対策を明らかにした。P波と呼ばれる地震の初期微動を観測する「早期地震検知システム」を導入。札幌延伸で整備する新函館北斗―札幌間についても同様の対策を図るとしている。

 同システムは、地震を検知した時点で架線への送電をストップし、列車を減速、停止させる仕組み。地震発生時には、P波の直後に大きな揺れを引き起こすS波が震源から発せられるため、P波を素早く検知し列車を安全に停止させる対応が重要になる。

 新青森―新函館北斗間では、線路沿線8カ所と震源域付近9カ所の計17カ所に地震計を備える。地震発生に伴い停止した列車は、地震計で測定されたSI値(スペクトル強度)が安全なレベルになったかどうか確認した上で運転を再開する。

 また、H5系車両の全編成に逸脱防止ガイドを備えるほか、全線にレール転倒防止装置を導入。車両の脱線防止対策を図る。


関連キーワード: 企業 新技術

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,128)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,481)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,456)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,307)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,083)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。