道財務局調査で景況感のマイナスが拡大-コスト上昇など影響

2015年03月12日 19時11分

 北海道財務局が12日発表した2015年1―3月期の法人企業景気予測調査結果によると、全産業の景況感を表すBSIは前期(14年10―12月期)を11.5ポイント下回るマイナス16・7となり、マイナス幅が拡大している。為替動向や電気料金値上げなどに伴うコスト上昇、需要低迷、公共工事の発注減少などがマイナス要因。ただ、1―3月期は毎年下降する傾向にあるため、特別悪い数字ではないとみている。来期(4―6月期)はプラス2・2と上昇に転じる見通し。

 資本金1000万円以上の道内企業559社を対象に2月15日時点の状況を調査。89.1%に当たる498社から回答を得た。

 業種別のBSIは、製造業が前期比25.6ポイント低下のマイナス29・6、非製造業が8ポイント低下のマイナス13・5と、ともに悪化した。

 製造業を見ると、原油価格の下落に伴う原料仕入れ価格低下などで収益が改善する業種がある一方、窯業・土石製品は季節要因や公共事業の発注減により、下降を示した。

 非製造業では、アパート入居率が上昇した不動産業は好調だったが、住宅着工低迷の影響を受けた卸売業は前期を大きく下回った。

 建設業のBSIはマイナス21・4。人件費・資材価格の高騰に加え、降雪量不足などの天候要因によって除排雪受注が減少したため、前期よりも23.2ポイント低下した。

 来期については、全産業でプラス2・2、製造業でプラス16・3、非製造業でマイナス1・3を見込んでいる。


関連キーワード: 景気動向

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,057)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,984)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,507)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,451)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,324)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。