福島町が2.5億円投じ総合体育館を耐震化-避難拠点機能も強化

2015年03月23日 19時36分

 福島町は2015年度、三岳25の5にある総合体育館の耐震化をはじめ、発電機を設置するなど災害時避難場所としての機能を強化する。予算額は2億5030万円。工事は1件を予定し、5月ごろに在来型の指名競争で入札する。11月上旬の駅伝競走大会に使用できるよう完成を目指す。

 アリーナ、トレーニング室、遊戯室などを有する総合体育館の規模はRC造、2階、延べ2880m²。1977年に建設され、年間およそ2万人が利用している。耐震診断では、アリーナ部分のIs値(構造耐震指標)が低かった。

 そこで、大屋根鉄骨や壁面の補強を実施。桁梁新設、屋根や壁のブレース新設・取り換え、RC壁設置などを進める。外壁は防水被膜塗材を塗り、2階大屋根をふき替える。つり下げ照明器具のLED化も図る。

 このほか、収納スペースを多目的トイレ、給湯器室、洗濯乾燥室へと改修。2室を物品庫に転用し、非常用発電機やシャワー用給湯器を設置するなど災害時の避難拠点として整備を進める。

 予算額のうち改修費は2億4600万円、監理費には430万円をそれぞれ見込んでいる。


関連キーワード: スポーツ 建築 耐震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,858)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,418)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,306)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,101)
コロナ禍でも工事を継続 道内地場ゼネコン
2020年04月28日 (929)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。