帯広開建が生コン単価を4地区で引き上げ-切り込み砂利なども

2015年03月23日 19時41分

 帯広開建は4月1日付の部局単価を公表した。2014年度の最終改定時に比べ、生コンは4地区で価格を上げ、帯広地区の建築標準物単価で1万500円と2000円増額。骨材は切り込み砂利、ふるい砂利、砂の全規格について、4ゾーンで50―100円引き上げた。

 生コンは、資材の値上がりや運送費の増大、原石不足による骨材の価格高騰を受け、管内の市場価格が上昇したことを反映した。帯広地区のほか、本別・足寄地区、陸別地区、浦幌・大津地区で上昇。この3地区は建築標準物単価でそれぞれ1100円の増加となっている。

 骨材を見ると、陸別・足寄の一部、足寄・本別・浦幌の一部、上士幌・士幌・鹿追の一部、忠類・大樹・広尾の4ゾーンで切り込み砂利、ふるい砂利、砂の全規格で引き上げた。足寄・本別・浦幌の一部と忠類・大樹・広尾は100円増。石類のうち栗石は大樹・広尾のゾーンで50円上昇している。

 再生骨材(40㍉、80㍉)やアスファルト混合物は変更していない。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,966)
重大NEWS2019 令和元年を振り返る(1)再開発 札幌駅前で始動
2019年12月27日 (2,168)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (2,068)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,945)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,576)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第176回は「刺身を引く」。研ぎ澄ま された包丁で一気に引くと身が潰れず うまさが引き出されます。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 サハリン・スケッチ

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。