道道美唄富良野線の幌子トンネル1.8kmが貫通-完成は16年

2015年03月24日 19時17分

 道道美唄富良野線幌子トンネルの貫通式が23日、美唄市内の現地で開かれた。受発注者と美唄、芦別、富良野各市の関係者が参加し、1821mに及ぶトンネルの無事貫通を祝うとともに全線の早期開通を願った。

 同線は、美唄市から芦別市を経由して富良野市に至る道路で、全線開通すれば道央圏から富良野市への新たな観光ルートが生まれ、物流の利便性向上や地域のネットワーク強化などが見込まれる。

 美唄、芦別両市を結ぶ幌子トンネルは、札幌建管が2012年に発注し、伊藤組土建・宮坂建設工業・植村建設特定共同体が施工を担当。16年1月末の完成を予定している。

 式典で空知総合局の山根康徳局長は「道内有数の豪雪地帯で、軟弱地盤に当たるなど厳しい条件の中、無事に貫通できたのは施工企業の努力のたまもの」と敬意を表し、「トンネル貫通を契機に工事の安全と確実な事業推進に尽力したい」と抱負を述べた。

 同線整備促進期成会の会長を務める高橋幹夫美唄市長は「長年にわたり開通に向けて準備を進めた。まちづくりに欠かせない道路となる」と述べ、早期開通を願った。

 施工者を代表して伊藤組土建の平野良弘会長は「可燃性ガスの発生や坑口付近の地滑りに加え、掘削中に軟弱地盤に当たり補助工事が必要になった」と苦労を説き、残る工事を円滑に進めることを誓った。

 この後、発注者と受注者、地元自治体の代表者が鏡開きし、荻原貢芦別市副市長の発声で乾杯した。


関連キーワード: トンネル 土木 道北 道央

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,995)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,128)
道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路
2020年06月29日 (1,827)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,407)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,162)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 札幌市新幹部に聞く2020new

札幌市新幹部に聞く2020
4月1日付の人事異動で現ポストに就任した、新幹部4人に今後の抱負などを聞いた。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。