札幌都心部のオフィスビル供給が15年度は一時休止-実質6年ぶり

2015年03月27日 08時27分

 札幌都心部の新築オフィスビル供給が一時的にストップする。2010年度以降、毎年1、2棟ペースでビルの竣工が続いていたが、15年度は、リーマンショックが影響した09年度以来のゼロとなる。16年度以降は大型のビルが再び竣工する予定だ。

 都心部では10年度に北洋大通センタービル(大通西3)、11年度に日通札幌ビル(北3西2)と札幌北ビル(北7西2)、13年度に大通西4ビル(大通西4)、14年度に札幌三井JPビルディング(北2西4)と明治安田生命札幌大通ビル(大通西3)が竣工。札幌北ビルの供給は12年度に入ってからだったため、15年度の竣工ゼロは実質的には6年ぶりとなる。

 新規の供給がない15年度は、ビルの空室率が一段と下がる可能性が高い。既に需要の多い大型のビルには空きがなくなってきている。オフィス仲介の三鬼商事札幌支店では「15年度は中小ビル中心の市場になる」と予測する。

 ただ、16年度からは大型物件の竣工が再び出てくるとみられる。具体的には札幌信用金庫本店と商業施設の札幌ゼロゲート(仮称)が入る共同ビル(南2西3)、越山ビル、フコク生命駅前通ビル、札幌ビルディングの3棟からなる複合ビル(北2西3)が該当する。

 28階建てのビルを整備する創世1・1・1区北1西1地区や、高層マンションを柱とする北8西1地区の再開発も間もなく動きだす。このほか、1972年の冬季五輪に合わせて建てられたビルの多い札幌駅前通沿いでは、札幌大同生命ビル(北3西3)の建て替えも計画されており、着工に向けた準備が進んでいる。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 日本仮設
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,254)
重大NEWS2019 令和元年を振り返る(1)再開発 札幌駅前で始動
2019年12月27日 (2,049)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (1,879)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,810)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,332)

連載・特集

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第175回は「飲み疲れ」。お酒や食事で酷使した肝臓を労るには断酒や睡眠のほかアミノ酸を含む食品を積極的に取ることです。

連載 重大NEWS2019令和元年を振り返る

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
人口減少社会の到来を見据え、経済や 社会の構造が大きく変わろうとする、令和元年のニュースを振り返る。