帯広空港ターミナルビルが増築を計画-搭乗・到着時の設備を増強

2015年03月30日 19時31分

 帯広空港ターミナルビル(帯広市泉町西9線中8の41、米沢則寿社長)は2016年度に同ビルを増築する計画だ。CIQ(税関・出入国・検疫)設備や手荷物受取場、保安検査場、搭乗口と航空機を結ぶ固定橋1基などを備えた施設を新設。S造、3階、延べ2912m²を想定し、総事業費は約11億円を見込む。15年度は基本・実施設計に着手。17年度早期の供用を目指す。

 同空港の13年度乗降客数は58万人。現在は国内便で東京線が7往復するほか、名古屋線が季節運航している。国際便は中国や台湾間のチャーター便を受け入れてきた。

 国際チャーター便の搭乗時や到着時にはCIQの設備や人員を配置するため、施設が手狭となり国内定期便と同時に受け入れられなくなっていた。そこで施設を新設し搭乗・到着時の設備を増設することで、国内・国際便の受け入れ体制を強化する。

 建設地は、帯広市が保有する現ビルの北側隣接地1440m²。新施設は1階に手荷物受取場、機内手荷物用ベルトコンベヤー、税関・検疫設備、2階に搭乗者待合室、保安検査場、出入国審査場、3階に機械室を設ける。固定橋は延べ184m²。現ビルの2基を含め全部で3基となる。


関連キーワード: 建築 空港

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,059)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,984)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,505)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,452)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,324)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。