弟子屈町が職員退職で建築主事廃止-小規模自治体の技術者確保、困難

2015年03月30日 19時35分

 弟子屈町は、きょう31日付で建築主事を廃止する。資格を持つ職員の退職に伴うもの。限定特定行政庁(限特)として実施してきた小規模建築物(4号物件)の建築確認業務などは今後、釧路総合局が所管する。民間確認検査機関が近年急速に実績を伸ばす半面、規模の小さい市町村では技術者確保が困難になってきているのが現状。隣接する標茶町も1年前に建築主事を廃止していた。

 限特制度は、建築基準法97条の2の規定に基づき、建築主事を置く市町村が木造住宅など4号物件の建築確認、完了検査など同法施行令第148条に規定される業務を実施できる。

 ただ、建築主事となるには、建築基準適合判定資格者検定に合格する必要がある。受験資格は1級建築士で、さらに建築行政などでの2年以上の実務経験も求められ、ハードルは高い。

 同町職員には1級建築士の有資格者がいるため、今後検定を通過した場合は、再度町が限特の権限を持つことも検討するとしている。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,588)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,189)
道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路
2020年06月29日 (1,851)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,481)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,139)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 札幌市新幹部に聞く2020new

札幌市新幹部に聞く2020
4月1日付の人事異動で現ポストに就任した、新幹部4人に今後の抱負などを聞いた。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。