道内高速道、初の老朽更新へ-15年度に札樽道高架橋の詳細設計

2015年04月01日 19時18分

 東日本高速道路道支社は1日、2015年度の事業計画を公表した。高速道路新設・維持などの事業費は前年度比12%増の615億円。札樽道朝里IC―銭函IC間で高架橋の大野橋床版取り換え詳細設計を盛り込み、老朽施設の更新計画に道内で初めて取り組む。

 新設・改築の建設事業費は17%増の233億円。道横断道に225億円を配分し、余市―小樽間でトンネル7本や橋梁12本の工事を継続する。道縦貫道には8億円を措置し、砂川SAスマートIC設置などを継続し、年度内の完成を目指す。

 営業路線の維持・修繕には10.3%増の376億円を計上。大規模更新に7000万円、大規模修繕に1億5000万円を充て、道央道の北郷高架橋剥落防止や札幌市―奈井江町間で舗装補修10万m²などを施す。

 休憩所・給油所の建設・管理は6億円を投じて、砂川SAガソリンスタンドの地下タンク更新などをする。


関連キーワード: 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (4,013)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,682)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,098)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,716)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,482)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。