05年度以降の道新幹線工事は総額1630億円-鹿島が受注首位

2015年04月14日 19時23分

 鉄道・運輸機構北海道新幹線建設局が2005年度から14年度までに発注した、本道側施工区間での工事受注総額は1630億6005万円に上っている。14年度は新函館北斗―札幌間の長大トンネル3件を含む土木4件、建築4件合わせて360億6130万円を発注。落札額120億円規模の昆布トンネル宮田工区などを共同体で受注した鹿島が、前年度末から2つ順位を上げて首位に立った。

 開札結果(税抜き)を本紙が契約ベースで集計した。14年度までに発注した工事のうち土木系(土木、PC、鉄骨鉄桁)は45件、建築は21件の計66件。設計変更は含めず、共同体受注は出資比率に基づき配分した。

 14年度は、土木で後志トンネル落合工区ほか(94億9360万円)、昆布トンネル宮田工区(122億7500万円)、幸連トンネルインバート補強(7900万円)、野田追トンネル北工区ほか(88億8000万円)の307億2760万円を発注。

 建築は八雲鉄道建設所新築(1億4370万円)、函館総合車両基地車体検修場ほか2棟新築(31億9000万円)、函館総合車両基地車体塗装場新築(15億5000万円)、函館現業事務所ほか新築(4億5000万円)の53億3370万円だった。

 最も落札額が高かった昆布トンネルは鹿島・五洋建設・宮坂建設工業・荒井建設が落札。鹿島は函館総合車両基地関係の建築2件も共同体で受注し、85億750万円を積み上げて首位となった。

 道内業者は、41者が552億9242万円を受注。受注額に占める割合は33.9%で、前年度末から2.5ポイント減少した。

 道内業者では岩田地崎建設の5位が最高。このほか、14年度に後志、昆布トンネルなどを共同体で受注した田中組や宮坂建設工業、荒井建設などが大幅に順位を上げた。


関連キーワード: 土木 鉄道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,065)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,234)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,191)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,714)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (1,316)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。