釧路建管が48億円投じ別保川改修へ-6月に測量設計を入札

2015年04月22日 19時15分

 釧路建管は別保川釧路町広域河川改修で、地形調査測量と河道計画設計を5月22日に指名し、6月10日に入札する。豪雨などに備える浸水対策として、別保川のほか支流の2河川を含む河道掘削8・1㌔と護岸11・4㌔、橋梁1橋、樋門改築などを20年かけて施す計画。総事業費は48億円を見込んでいる。2015年度に実施する測量設計では、早期着工へ向けて工事箇所などを選定する。

 別保川流域では、13年9月16―17日の台風18号に伴う大雨により、流入する町管理河川や小規模水路から水があふれた。同川の水位も上昇して氾濫し、釧路町役場を含む別保地区を中心に床下浸水85戸、床上浸水84戸の被害をもたらした。

 それ以前にも大雨時に流域での浸水被害や国道44号、JR根室本線での冠水被害などが発生していることから、同建管が町や国、JR北海道など関係機関と協議を進め、15年度に事業化した。

 整備対象は、別保川が釧路川との合流点から上流5・9㌔、サンタクンベ川が別保川との合流点(別保川起点から5・5㌔地点)から上流1・2㌔、オビラシケ川が別保川との合流点(別保川から5・7㌔地点)から上流1㌔の区間。

 延長8・1㌔の河道掘削で河積を拡大して流下能力を向上させるほか、護岸を11・4㌔にわたり施す。区間内にある27カ所の手動式樋門は、背後の地盤や住宅の張り付き具合を考慮して優先順位を決め、可能な限り自動化に向けた改築をする。また、道路橋1基を整備する計画だ。

 15年度事業費は3000万円。別保川の地形調査測量は年内、河道計画設計は年度内にそれぞれ終え、16年度以降の早期着工へ向けて工事箇所などの選定をする。


関連キーワード: 土木 治水

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,187)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,279)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,756)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,656)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,505)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子
いつもの暮らし便 new

本間純子 いつもの暮らし便
第23回「夏の音」。虫の声は日本語が母語の人だけの音楽会。聞きたい放題、無料です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。