JR北海道が日高本線復旧に26億円-5月末から詳細設計

2015年04月28日 19時18分

 JR北海道は28日、1月に被災したJR日高本線の復旧について、対策工や概算工事費などを発表した。対策工から護岸改築と吹き付け枠工を除外し、列車徐行毎時25㌔で安全を確保しながら必要最小限の対策を施す考え。工期には30カ月程度を必要とし、工事費に約26億円を見込む。5月末から9月末にかけて、各種工事ごとの詳細設計や施工計画の策定を進め、着工への準備を整える。

 3月に鉄道総合技術研究所から示された対策方針を踏まえ、対策工を固めた。護岸対策には約24億円を投じ、根固め(8カ所、3・3㌔)、消波ブロック新設(13カ所、1・5㌔)、法面工(3カ所、150m)、護岸修繕(146カ所、200m)を進める。

 斜面対策には約2億円を充て、落石防護網(3カ所、500m)、落石止め擁壁新設(2カ所、100m)、既存設備修繕(50カ所、1・6㌔)を行う。

 工期は護岸対策に30カ月、斜面対策に12カ月をそれぞれ見込む。完了は2019年8月の予定。工事施工が可能な期間は4―10月の7カ月間。工事期間中は列車運行がないことを前提としている。斜面対策は護岸対策と並行して実施することを想定している。

 同社では、28日から工事用通路整備などの準備工に着手。出口組の施工で6月16日まで進める。護岸の詳細調査は5月18日までを予定。5月末から9月末にかけて詳細設計や施工計画の策定を進める。これらの事業費は約1億円に上る。

 記者会見で西野史尚副社長は「本体工事費は現在の当社の資金事情では捻出することが難しい」と述べ、費用負担を含めて国と相談するとした。


関連キーワード: 土木 鉄道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • オノデラ
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,257)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,235)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,081)
大和ハウス 札幌・円山の中古マンションをホテルに改修
2019年09月17日 (1,901)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,566)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。