函館市が福祉コミュニティエリア整備で参入希望者らと意見交換

2015年05月07日 19時10分

 函館市は、市営住宅日吉4丁目団地跡地に新設する「福祉コミュニティエリア」について、一体的整備を考えている民間事業者と事前エントリー制で意見交換する。エントリーの受け付け期日は6月30日。意見交換は18日から8月31日まで実施。これらを踏まえて条件を整理し、12月から2016年2月にかけて開発事業者を公募、同3月に協定締結を予定している。

 地域包括ケアシステムを構築するモデル的なエリアとして整備。民間の資金やノウハウを活用して住まいや医療、介護、介護予防、生活支援を一体的に提供することを目指している。

 エリア計画地は、JR函館駅の北東約6㌔に位置する日吉町4丁目77の124ほか。面積は7・78haあり、今後0・51ha拡大して8・29haとなる見込み。うち道路などの用地は1・61haとなっている。

 参加資格は、一体的整備を考えている法人か法人グループ。エントリーシートは市ホームページからダウンロードできる。意見交換の内容はエリア整備・運営体制、機能・施設、多世代交流施設の整備に対する考え方、土地の売買価格や利用、造成、道路・上下水道整備計画、整備スケジュールなど。個別に実施し、必要に応じて複数回行う。

 意見交換は公募条件を整理するためのもので、参加しなくても開発事業者の応募はできる。また、参加実績が公募・選定での評価対象にはならない。

 問い合わせは受託事業者の北海道二十一世紀総合研究所、電話011(231)3053まで。一体的整備ではないが、参入に関心のある者は別途で対応する。


関連キーワード: 医療福祉

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (4,478)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (3,953)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,532)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,188)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (1,735)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。