横浜冷凍が十勝第3物流センターに15日着工-冷蔵能力2.3万t

2015年05月08日 19時22分

 横浜冷凍(横浜市西区みなとみらい4丁目6の2、吉川俊雄社長)は、芽室町東芽室の芽室東工業団地に建設する仮称・十勝第三物流センターの主体を東亜建設工業に決めた。電気は協和産業、冷却設備は前川製作所が担当する。15日に起工式を行う予定で2016年8月の完成、稼働を目指す。

 01年に完成した十勝物流センター、十勝第二物流センター(08年稼働)に次ぐ施設として主に農産品を扱う。建設地は芽室町東芽室北1線13の1で第二物流センターの北側隣接地。

 規模はRC造、3階、延べ約2万500m²。冷蔵収容能力は2万2700㌧。設計は梓設計が担当した。道内では6拠点目となり、十勝第三物流センターが完成すると道内での収容能力は約13万5000㌧になる。

 同社ではタイでバンパコン第二物流センター(約2万3000㌧)を建設中で、十勝第三物流センターを含め、同社の16年9月の国内外の収容能力は約93万5000㌧になるという。


関連キーワード: 商業 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • イイファス
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,019)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,494)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,467)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,125)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (985)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。