札幌で分譲が倍増-35市の4月住宅着工、前年同月比9.1%増

2015年06月10日 19時16分

 道内35市の2015年4月新設住宅着工戸数は前年同月比9.1%、252戸増の3017戸だった。分譲住宅が倍増した札幌を中心に特定行政庁6市が各用途で増加し、全体を押し上げた。町村部は持ち家が19.1%、貸家が28.3%それぞれ減少し、全体では18.3%少ない385戸。全道分は5.1%増の3402戸だった。

 4月の利用別内訳は、持ち家が10.5%減の728戸、貸家が0.3%増の1667戸、給与住宅が53.3%減の7戸、分譲住宅が2・2倍の615戸。

 主要都市を見ると、札幌市は持ち家が263戸で18.1%のマイナス、給与住宅は着工がなかったものの、貸家が6%増の1092戸、分譲住宅が2・6倍の555戸と伸びた。

 その他の特定行政庁は、貸家が7割近く減少した釧路と帯広、1割台にとどまった北見を除く5市で前年同月を上回った。戸数の多い旭川市を見ると、貸家が116戸で39.8%増、分譲住宅が11戸で2・7倍。苫小牧市は持ち家が41戸で2.5%、貸家が82戸で39%それぞれ増加している。

 1月からの35市の累計は前年同期比1.8%増の7349戸。分譲住宅は、4月の札幌市分が大半を占める1205戸で、唯一39.8%のプラスを示した。このほか持ち家が2029戸で0.4%、貸家が4095戸で4.7%、給与住宅が20戸で16.7%それぞれ下回っている。


関連キーワード: 住宅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,019)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,494)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,467)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,125)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (985)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。