札幌で分譲が倍増-35市の4月住宅着工、前年同月比9.1%増

2015年06月10日 19時16分

 道内35市の2015年4月新設住宅着工戸数は前年同月比9.1%、252戸増の3017戸だった。分譲住宅が倍増した札幌を中心に特定行政庁6市が各用途で増加し、全体を押し上げた。町村部は持ち家が19.1%、貸家が28.3%それぞれ減少し、全体では18.3%少ない385戸。全道分は5.1%増の3402戸だった。

 4月の利用別内訳は、持ち家が10.5%減の728戸、貸家が0.3%増の1667戸、給与住宅が53.3%減の7戸、分譲住宅が2・2倍の615戸。

 主要都市を見ると、札幌市は持ち家が263戸で18.1%のマイナス、給与住宅は着工がなかったものの、貸家が6%増の1092戸、分譲住宅が2・6倍の555戸と伸びた。

 その他の特定行政庁は、貸家が7割近く減少した釧路と帯広、1割台にとどまった北見を除く5市で前年同月を上回った。戸数の多い旭川市を見ると、貸家が116戸で39.8%増、分譲住宅が11戸で2・7倍。苫小牧市は持ち家が41戸で2.5%、貸家が82戸で39%それぞれ増加している。

 1月からの35市の累計は前年同期比1.8%増の7349戸。分譲住宅は、4月の札幌市分が大半を占める1205戸で、唯一39.8%のプラスを示した。このほか持ち家が2029戸で0.4%、貸家が4095戸で4.7%、給与住宅が20戸で16.7%それぞれ下回っている。


関連キーワード: 住宅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR北海道 小樽、ニセコにホテルを計画
2019年07月23日 (2,300)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,063)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,833)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,463)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,397)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第165回は「のどの渇きと湿度」。体 温が下がらず余計に汗が出るため、湿 度が高いと喉が渇きやすくなります。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。