研究用の木製トラス橋が八雲町鉛川温泉線終点で実用に

2015年06月15日 19時25分

 八雲町は13日、町道の鉛川温泉線終点にあるオボコ山の家に通じる丸太製の鉛川5号橋を、函館高専から譲渡された木製トラス橋に架け換えた。解体を前提に学校敷地内で保管されていた研究教材が、実用の土木構造物として真価を発揮することになった。

 木製のワーレントラス橋で、大小2種類の角材で構造材や床版を構成し、連結部には鋼板やボルトを用いている。函館高専の平沢秀之教授が2009年度に生徒と同敷地内にあった橋台に合わせ橋長10m、幅員1・2mで設計・製作。13年度まで荷重によるたわみ、強度や色の経年変化などを研究し、14年度以降は解体する方向で保管してきた。

 一方、山の家を管理する八雲ワンダーフォーゲルの鈴木譲代表は、劣化が激しい丸太橋の架け換えが必要と判断。同橋の意匠に惹かれ平沢教授に相談したところ、調査研究の役割は終えているとして譲渡に快諾を得た。

 現地では小沢建設(本社・八雲)が橋台のコンクリートを打設し、分解して運ばれた上部を組み立て直して13㌧クレーンで架設。「コロカムイの橋」と命名された。

 鈴木代表は「橋の部材のように人の心が重なり合って架かった宝物」と関係者に感謝。平沢教授は「橋長も幅員も川にぴったりで、巡り合わせを感じる。実験だけで使命を終えず、親しみを持って使われることになりうれしい」と話した。

 研究開発時から協力してきた戸沼岩崎建設(本社・函館)の戸沼淳社長は「人々の善意と縁で架かった橋」と評し、供用を喜んだ。


関連キーワード: 橋梁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,907)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,623)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,039)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,657)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,434)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。