研究用の木製トラス橋が八雲町鉛川温泉線終点で実用に

2015年06月15日 19時25分

 八雲町は13日、町道の鉛川温泉線終点にあるオボコ山の家に通じる丸太製の鉛川5号橋を、函館高専から譲渡された木製トラス橋に架け換えた。解体を前提に学校敷地内で保管されていた研究教材が、実用の土木構造物として真価を発揮することになった。

 木製のワーレントラス橋で、大小2種類の角材で構造材や床版を構成し、連結部には鋼板やボルトを用いている。函館高専の平沢秀之教授が2009年度に生徒と同敷地内にあった橋台に合わせ橋長10m、幅員1・2mで設計・製作。13年度まで荷重によるたわみ、強度や色の経年変化などを研究し、14年度以降は解体する方向で保管してきた。

 一方、山の家を管理する八雲ワンダーフォーゲルの鈴木譲代表は、劣化が激しい丸太橋の架け換えが必要と判断。同橋の意匠に惹かれ平沢教授に相談したところ、調査研究の役割は終えているとして譲渡に快諾を得た。

 現地では小沢建設(本社・八雲)が橋台のコンクリートを打設し、分解して運ばれた上部を組み立て直して13㌧クレーンで架設。「コロカムイの橋」と命名された。

 鈴木代表は「橋の部材のように人の心が重なり合って架かった宝物」と関係者に感謝。平沢教授は「橋長も幅員も川にぴったりで、巡り合わせを感じる。実験だけで使命を終えず、親しみを持って使われることになりうれしい」と話した。

 研究開発時から協力してきた戸沼岩崎建設(本社・函館)の戸沼淳社長は「人々の善意と縁で架かった橋」と評し、供用を喜んだ。


関連キーワード: 橋梁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,186)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,138)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,468)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,561)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,547)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。