研究用の木製トラス橋が八雲町鉛川温泉線終点で実用に

2015年06月15日 19時25分

 八雲町は13日、町道の鉛川温泉線終点にあるオボコ山の家に通じる丸太製の鉛川5号橋を、函館高専から譲渡された木製トラス橋に架け換えた。解体を前提に学校敷地内で保管されていた研究教材が、実用の土木構造物として真価を発揮することになった。

 木製のワーレントラス橋で、大小2種類の角材で構造材や床版を構成し、連結部には鋼板やボルトを用いている。函館高専の平沢秀之教授が2009年度に生徒と同敷地内にあった橋台に合わせ橋長10m、幅員1・2mで設計・製作。13年度まで荷重によるたわみ、強度や色の経年変化などを研究し、14年度以降は解体する方向で保管してきた。

 一方、山の家を管理する八雲ワンダーフォーゲルの鈴木譲代表は、劣化が激しい丸太橋の架け換えが必要と判断。同橋の意匠に惹かれ平沢教授に相談したところ、調査研究の役割は終えているとして譲渡に快諾を得た。

 現地では小沢建設(本社・八雲)が橋台のコンクリートを打設し、分解して運ばれた上部を組み立て直して13㌧クレーンで架設。「コロカムイの橋」と命名された。

 鈴木代表は「橋の部材のように人の心が重なり合って架かった宝物」と関係者に感謝。平沢教授は「橋長も幅員も川にぴったりで、巡り合わせを感じる。実験だけで使命を終えず、親しみを持って使われることになりうれしい」と話した。

 研究開発時から協力してきた戸沼岩崎建設(本社・函館)の戸沼淳社長は「人々の善意と縁で架かった橋」と評し、供用を喜んだ。


関連キーワード: 橋梁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,816)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,211)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (2,003)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,323)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,086)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。