開発局が新千歳空港に新誘導路ー国際線用に概算要求へ

2015年06月25日 19時30分

 北海道開発局は、新千歳空港国際線ターミナルビルと滑走路を結ぶ新たな誘導路の整備とエプロンの拡張を2016年度概算要求に盛り込む方針を固めた。離着陸が増えている国際便の混雑解消を目指す。政府が訪日外国人旅行者の目標を2000万人とする20年度ごろまでに受け入れ体制を強化したい考えだ。

 新たな誘導路は、国際線ターミナルビルから南側に伸びて平行誘導路に隣接するデアイシングエプロン付近までの約2㌔を想定。千歳市と苫小牧市との境界付近で交差する構内道路はアンダーパスになる見通し。併せて、現在5機分あるエプロンを南側に数機分を増設する計画で、具体の規模は今後の調査で詰める。

 国際線の駐機エリアは航空自衛隊千歳基地側にあり、滑走路に向かう誘導路は北側の1カ所のみ。滑走路の南端から離陸が多くなる冬季を中心に、航空機は5㌔近い距離を地上走行しなければならない。南側に新たな誘導路ができれば、移動距離が大幅に短縮されるとともに離陸待ちの航空機が減少し、空港内の混雑緩和が期待できる。

 開発局は、整備に向けた調査・設計などの関連費用を16年度概算要求に盛り込みたい考え。予算が認められれば16年度から実施設計に取り掛かる。業務や工事の発注は札幌開建が所管するとみられる。

 新千歳空港の国際線利用者は14年度、前年度比26.7%増の170万1800人に達し、外国の航空会社から乗り入れ要望も相次いでいる。

 これらを踏まえ、国土交通省は1時間当たりの発着回数を増やすなどの検討を開始。土木施設を担当する開発局も航空機の受け入れ拡大と混雑緩和に向け、空港の能力向上を目指すことにした。


関連キーワード: 空港 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,057)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,984)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,507)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,451)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,324)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。