道内土木3官庁の14年度受注実績、10億円超は99者に減少

2015年06月29日 19時10分

 道内土木3官庁(開建、建管、振興局農業)の2014年度業者別工事受注実績が本紙集計によりまとまった。受注総額は前年度を9.1%下回る4200億4853万7976円。受注者数は1502者で、125者減った。10億円以上を獲得したのは22者減の99者だった。3官庁で受注を積み重ねた中山組が前年度に続き首位となった。(6月30日付本紙1面に上位30者を掲載しています)

 開札結果を税抜きで集計した。共同体受注は出資比率に基づき配分。13年度末発注のゼロ国債、ゼロ道債、翌債、繰り越し、年度末契約などは全額、多年度債は14年度支払い分をそれぞれ計上した。

 受注者数は、道内業者が134者減の1393者、道外業者が9者増の109者。道内業者の受注額は10.6%減の3745億3177万4717円で、シェアは1.5ポイント縮小して89.2%となった。道外業者は5.9%増の455億1676万3259円。シェアは10.8%に上昇した。

 首位の中山組は、道央用水三期地区千歳川揚水機線用水路春日上流工区(札幌開建)などを受注し、開建で首位となったほか、総合局・振興局で2位につけるなど、36件、81億8798万5000円を積み上げた。

 岩倉建設は、虻田漁港水産流通基盤整備1工区繰り越し(室蘭建管)などを落札して建管で首位。開建では、40号音威子府村音中トンネルなど大型工事を共同体で受注するなど、34件で75億3739万3000円と、前年度より順位を一つ上げて2位となった。

 3位の宮坂建設工業は、道央用水三期地区長沼頭首工整備(札幌開建)や川西芽室音更線防B316改良中島橋P2橋脚(帯広建管)など、開建や建管を中心に27件、62億43万1000円を射止めた。


関連キーワード: 北海道庁 土木 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,285)
重大NEWS2019 令和元年を振り返る(1)再開発 札幌駅前で始動
2019年12月27日 (2,028)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (1,859)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,805)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,294)

連載・特集

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第175回は「飲み疲れ」。お酒や食事で酷使した肝臓を労るには断酒や睡眠のほかアミノ酸を含む食品を積極的に取ることです。

連載 重大NEWS2019令和元年を振り返る

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
人口減少社会の到来を見据え、経済や 社会の構造が大きく変わろうとする、令和元年のニュースを振り返る。