開発局が7月以降の発注見通しを公表ー工事は385件

2015年06月30日 19時23分

 北海道開発局は1日付で、2015年度第2四半期以降の発注見通し(工事情報)を公表した。工事は385件で、前年7月の公表件数より65件少ない。WTO政府調達協定対象工事は未公告3件を含む16件。部局別では、札幌75件、網走48件、帯広47件などとなっている。一般土木は230件で全体の約6割を占めた。委託業務は1017件に上っている。

 工事規模が6億円以上のWTO対象のうち未公告は、札幌開建の恵庭北島農業水利北島排水機場機械設備建設(機械設備)、函館開建の函館江差道新亀川大橋上部(PSコンクリート)と、229号新美谷トンネル(一般土木)の計3件。いずれも工事規模が15億―30億円の大型工事で、第3四半期(10―12月)の発注を予定している。

 一般土木を等級別に見ると、Aが12件、A・Bが29件、Bが75件、B・Cが51件、Cが20件、C・Dが41件、Dが2件。前年7月公表分と比べ、A、A・Bが減少している一方、Bが大幅に増え、B・Cが横ばいという状況だ。

 件数は小樽、帯広、網走で前年度を上回り、旭川、室蘭、留萌で横ばいとなった。舗装は9件少ない41件を予定している。

 委託業務は15件の増加。札幌が239件で最も多く、次いで室蘭の137件、旭川の111件と続く。発注形態を見ると、在来型指名競争が半数を超える582件で最多。簡易公募型が169件、簡易公募型プロポーザルが132件、標準型プロポーザルが81件、一般競争が52件などとなっている。


関連キーワード: 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,186)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,138)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,468)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,561)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,547)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。