道開発事業費の16年度補助要望は国費ベースで1920億円

2015年07月08日 19時19分

 道は、2016年度北海道開発事業費の補助事業に国費ベースで1920億円程度を要望する見通しだ。前年度当初を35%ほど上回る規模。農業農村整備は地域の要望を踏まえ、2倍近い460億円程度を求める。社会資本整備総合交付金は3割ほどの増加となる1010億円程度とし、道開発事業費外となる同交付金全国枠は2・3倍の1060億円程度を要望する。

 農林水産基盤整備は660億円程度で6割近い伸び。農業農村整備の引き上げが大きい。道路整備はおよそ5%増の65億円程度、公園水道廃棄物処理等は2倍の80億円程度を要望する。

 本道は、経済の持ち直しの動きが弱いほか、全国を上回るスピードで進行する人口減少問題や強靱(きょうじん)な北海道づくり、1次産業活性化などへの対応が課題となっている。

 そのため16年度道開発事業費では、強靱化に向けた防災・減災対策や施設の老朽化対策、食料生産の基盤となる農業農村整備など、必要性・緊急性の高い社会資本整備の推進に必要な予算を求める。限られた財源の中で重点化を図りながら、可能な限りの事業量確保を目指す方針だ。

 道の各部は、9日に開かれる第2回定例道議会の各常任・特別委員会に要望概要を示す。


関連キーワード: 北海道庁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (2,827)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,738)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,609)
深川留萌道、3月28日に全線開通 延長49㌔供用へ
2020年01月24日 (1,862)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,707)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第177回は「感染防止」。接触感染を 防ぐには正しい手洗いを。睡眠と栄養 補給で免疫力低下の防止も重要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。