稚内港末広ふ頭を大型作業船に対応へ-基礎検討に着手

2015年07月15日 19時29分

 稚内開建は、稚内港末広ふ頭地区の航路・泊地浚渫に向けた基礎検討に2015年度から着手した。サハリンプロジェクト支援基地としての役割を担うため、現在のマイナス10mから、3万㌧クラスの大型作業船に対応するマイナス12mに増深するもの。需要予測や概算事業費などの基礎資料を集め、事業化への道を探る。

 稚内港は、14年3月に港湾計画が改定され、サハリンプロジェクトに関連する船舶の受け入れ強化を柱に、航路・泊地増深、岸壁・防波堤の整備、乾ドック建設などのハード整備を新たに盛り込んでいた。

 これを受け、稚内開建は基礎検討も含む管内港湾整備事業評価検討業務を北日本港湾コンサルタントに発注。15年度は、マイナス12m航路・泊地の計27・5haを対象に需要調査、概算事業費算出の基礎資料などをまとめ、事業化に向けた検討材料とする。


関連キーワード: 港湾

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • オノデラ
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,860)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,413)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,309)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,100)
コロナ禍でも工事を継続 道内地場ゼネコン
2020年04月28日 (931)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。