型枠の自動加工機を釧路町の企業が導入-人手不足で先行投資

2015年07月17日 19時11分

 城成建設(本社・釧路町)は、くぎ打ちや裁断、剥離剤塗布を自動で施す型枠加工機を導入した。型枠大工不足が続く中、作業の省力化や加工時間の短縮を図り、需要に応える。

 型枠の製作は、くぎ打ちが自動でも、図面に合わせた裁断や剥離剤塗布は人の手で施すのが一般的。この機械を使えば、職長が墨打ちをした後は、自動的に図面通りの型枠が製作できるという。

 新生機械(本社・広島)の製品。製作・据え付けに約5000万円の費用を投じた。

 田口光浩社長によると、この機械が道内に導入されたのは初めてで「職人の作業時間が減り大幅に時間短縮ができる。高齢化や人手不足の中、5年後、10年後を考えて投資した」と話している。


関連キーワード: 企業 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,581)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (2,781)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,348)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,242)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,129)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 盛り上がれ
ワーケーションnew
函館市の事例から

盛り上がれワーケーション~函館市の事例から~
函館市で加速するワーケーションの動き。継続的なものにするため企業双方に求められる条件を探る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。