新釧路道銀ビル新築の施工者選定へ8月上旬に見積徴集

2015年07月21日 19時34分

 北海道建物(札幌市中央区南3条西6丁目3の2、木谷哲也社長)は、釧路市北大通で計画している仮称・新釧路道銀ビル新築の施工業者を見積もり合わせで選定する。主体、設備一括で道内ゼネコンに指名し、8月上旬に徴集、同月中に決める。地元業者との共同体結成を契約条件にしている。10月1日に着工し、2017年9月30日の竣工を目指す。

 老朽化が進む釧路道銀ビル(釧路市北大通8丁目)の移転に伴う新築で、北大通10丁目2の1ほかの敷地2528m²に建設する。建物の規模はS造、10階、延べ1万1470m²。1、2階の一部に道銀釧路支店、3―7階(延べ5222m²)に市立釧路図書館、そのほかの階にオフィスなどのテナントが入る。

 建物は、自然災害への対応や環境負荷低減を考慮。耐震強度は避難施設と同レベルの1・25倍に高め、津波を考慮して地階は設けず、電気設備は屋上に設置する。非常時に72時間対応する電源設備を設け、LED照明を採用し、高度なセキュリティー対策を図る。基本設計は創建社、実施設計は創建社・ドーコン共同体がそれぞれ担当した。

 供用は17年10月を予定し、図書館の開館は、移転などに時間がかかるため、ビルの供用開始から数カ月後になる見通しだ。

 釧路道銀ビル(RC造、地下1地上5階、延べ7110m²、1965年完成)と立体駐車場は、ビル新築後に解体撤去する方針だ。


関連キーワード: 商業 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,185)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,388)
地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,169)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (1,888)
札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (1,647)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。