旭川市がウランバートル市と道路工事の技術協力で覚書

2015年07月29日 19時22分

 旭川市とモンゴル・ウランバートル市との交流が深まりを見せている。西川将人旭川市長は9日、バトゥール市長を訪ね、国際協力機構(JICA)の草の根技術協力事業で、道路工事の技術協力に関する覚書を交わした。8月はウランバートル市職員が来日し、2015年度1回目の受け入れ研修を実施する予定。道路舗装の技術などを伝えるほか、旭川市内の建設会社による海外進出の機会を模索していく。

 JICAの草の根技術協力事業で、14年度に「寒冷地における道路工事品質確保能力向上事業」として採択を受けた。16年度までの3年間、ウランバートル市での道路工事の課題などを検討する。

 これに関連し、西川市長は10日までの4日間、モンゴルへ出向き、建設都市開発大臣やウランバートル市長と会談。旭川建設業協会の太田秀明副会長(赤川建設興業会長)や、旭川市の木口信正水道事業管理者ら7人も同行し、市内建設会社のモンゴル進出への協力も求めた。

 市長ら訪問団に先行して、1―10日には旭川市職員と旭川建設業協会から専門家チーム7人を派遣。開発途上にあるゲル地区などを見て回った。

 今後は8月と11月にウランバートル市職員を旭川へ招き、市内の道路工事現場や砂利採取場などを学んでもらう。さらに16年1月は、旭川市から本年度2回目の専門家派遣を予定している。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,977)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,960)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (1,753)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,626)
仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (1,610)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第176回は「刺身を引く」。研ぎ澄ま された包丁で一気に引くと身が潰れず うまさが引き出されます。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 サハリン・スケッチ

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。